プロペシアにはどんな副作用があるの?

若年性脱毛症の方にとって、脱毛を抑える薬として非常に有効に活用され、その効果も高く評価されているプロペシアですが、同時に副作用があることも明らかになってきました。

もともとプロペシアとは、前立腺肥大の方に対する処方薬として使用されていました。

ところが服用されていたかの中で、毛量が増えてきたという報告が徐々に増えてきたため、その後薄毛対策の効果もあるのではないかということで再度研究をされていった薬です。

そのため、当然前立腺に対する影響は多少なりともあるはずです。

プロペシアは商品名で、その中に含まれている脱毛を減らす成分として有効に活用されているものは、フィナステリドというものです。

プロペシアの中にはフィナステリドが含まれているほか、前立腺に影響するような成分は極めて少ないながらも含まれています。

もちろん、極めて少ないので基本的にそれが副作用として表に出ることはほとんどないと言われてきていました。

ところが、利用者が増えるとともに臨床結果も増えることとなり、その結果全体の2~5%の方が副作用を感じていることが明らかになってきました。

主な副作用としては、頻尿や腹痛、下痢、頭痛、性欲減退、勃起不全等の性機能低下、乳頭や胸の張りなどです。

特に妊娠中の女性にとっては、胎児が男児だった場合、生殖機能の正常発育に影響を及ぼす恐れがあるので、絶対に服薬してはいけない薬となっています。

女性はプロペシアに触れることさえ避けるべきだとさえ言われているほどなのです。

薄毛のきっかけ』でも書かれているように脱毛は男性だけではなく、女性の悩みでもあります。

だからこそどのような治療をするかについては専門のクリニックで医師とよく相談する事が重要なのです。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.